Forkwell Press

エンジニアの生き様をウォッチするメディア

「個人の趣味の範囲では作れない」− Forkwell経由でJapanTaxi社に転職したエンジニア2人が実体験を語る。

自らの技術力で、新たなサービスを生みだしたり、世の中に貢献したりすることに喜びを感じるエンジニア。エンジニアが自分のキャリアパスを考える際には、働く環境を自らの意志で変えていく「転職」も、重要な選択肢のひとつである。

「転職したい」あるいは「将来的に転職するかもしれない」と考えている人にとって、気になるのは「他のエンジニアは、どんな経緯とやり方で転職したのか」ということだろう。また、転職後の働き方がどのようなものなのかについても、関心があるのではないだろうか。

今回、Forkwell Jobsを通じて転職に成功した2人のエンジニア、大崎壮太郞氏(写真左)と谷本晋一氏(写真右)に話を聞いた。彼らのこれまでのキャリアや転職に至るまでの思いは、多くのエンジニアにとって、今後のキャリアを考える際の参考になるだろう。なお、2人が現在勤務している「JapanTaxi」のCTOである岩田和宏氏(写真中央)にも、合わせてコメントを頂いた。多くのエンジニアと共にビジネスを開発していく立場にある岩田氏の考え方にも、多くの示唆が含まれているはずだ。

「カオスな環境であればこそ、やれることも多くなる」-大崎壮太郞氏

現在、JapanTaxiで、ソフトウェアエンジニアとして働く大崎壮太郞氏。同社は大崎氏にとって4社目だが、意外にもキャリアのスタートは企画職だったという。

「新卒で入ったネットサービス会社には、企画職として入りました。その当時から、業務を効率化するためにシステムを作ったり、開発にリクエストを上げたりしながら、運用エンジニアのようなことも並行してやっていたのですが、その経験の中で、だんだんとエンジニア職への転向を希望するようになったんです。希望も出していたのですが、社内での異動は難しく、それが最初の転職を考えたきっかけでした」

2社目となるソーシャルゲーム開発の会社を経て、3社目に選んだのがソーシャルギフトサービスを展開する「giftee(ギフティ)」だった。大崎氏は、現在 Rails を使った開発に主に従事しているが、初めて Rails による開発を手がけたのは同社だったそうだ。また、新規事業のフルスクラッチを任されるなど、同社では貴重な経験が数多くできたという。

その後、会社の方針転換があり、よりエンジニアとしての経験が積める環境を求めて、転職活動を開始。その中で「JapanTaxi」を知った。

「gifteeにいた頃から、Forkwell Jobsの存在は知っていて、エンジニアのことを大切に考えているサービスだなという印象は持っていました。そこで、自分が転職を考えたときに使ってみたのですが、Rubyを軸に検索をかけたところ、最初に目にとまったのがJapanTaxiだったんです」

転職先として、JapanTaxiに興味を持った理由として、大崎氏は「リアルな社会にあるタクシーという交通手段に影響を与えるシステムというのは、個人の趣味の範囲などでは絶対に作れないもの。その点で興味深かった」と話す。

「あと、これまで自分が仕事の中でまったく関わりのなかった業種だったということも大きいですね。これまでにやったことがないことをやる、知らなかったことを知ることに楽しさを感じられることが、エンジニアにとっては大切なのではないかと思っています」

アプローチから内定までは、あっという間だったという。CTOの岩田氏と面談したその日のうちに、社長である川鍋一朗氏にも会い、それが最終面接となって内定。2015年12月には同社に入社する。大崎氏は当時のことを「すごいスピード感でした」と振り返る。

岩田氏との面接では、JapanTaxiの現状について「かなりカオスだよ」とも聞かされていたそうだ。JapanTaxiは、旧社名を「日交データサービス」という。社名変更とともに、タクシー会社の情報システム部門から、タクシー事業のインフラを持つ交通サービスのシステムソリューション企業へと本格的に進化を始めた。いわば大規模な「転換期」にある企業である。社内には、創業間もないネット企業としての活気と、古くから実業を営んできた老舗企業のエッセンスとが混在する。大崎氏は「最終的にJapanTaxiに入る決め手になったのは、そのカオスさだった」とも話す。

現在大崎氏が、JapanTaxiで業務として手がけているのは、タクシー乗務員専用アプリケーションの開発プロジェクトだ。CTOの岩田氏は「これは、JapanTaxiの未来につながる、非常に重要な仕事だ」とする。大崎氏は、これに加え、自発的に「働きやすさプロジェクト」なるものを立ち上げ、さまざまな業務改善にも取り組んでいるという。

「JapanTaxiには、社内で仕事を進めていく中で、人力で回しているような部分がいまだに多いんです。ちょっとしたシステムを作って、それを効率化する取り組みを『働きやすさプロジェクト』として立ち上げ、推進しています」

このプロジェクトでは、これまで電話で受け付けていた、提携している各タクシー会社からの問い合わせを、Webフォームを通じて行えるようにしたり、配車アプリのダウンロード数などのKPIデータ取得と配布について、手作業で行っていた部分を全自動化したりといった形で、成果を出しているという。

「ちょっとした改善でも、社内の担当者に非常に喜ばれたりするんです。それが『働きやすさプロジェクト』の大きなモチベーションになっています」と大崎氏は言う。「カオス」な状況ということは、それだけエンジニアが自分の技術とアイデアで改善できる余地も多くあるということ。大崎氏は、その状況を心から楽しめるエンジニアなのだ。

大崎氏に、今後JapanTaxiでやっていきたいことを尋ねると「会社として、社外の人を幸せにする事業を行っていくのはもちろんだけれども、それと同じように、社内で一緒に仕事をしている人の幸せも考えられるようなリーダーになりたい」との答えが返ってきた。

「最近、『しんがりの思想 反リーダーシップ論』という本を読んだんです。これまでのリーダーと言えば、みんなの先頭に立ち、メンバーを率いていく人というイメージがあると思うんですが、この本では、これからのリーダー像として、列の最後尾で組織全体を見つつ、困った状況にある人を助けながら進んでいくような人が挙げられていて、感銘を受けたんですね。自分も、できればそんなリーダーになってみたいと思っています」

エンジニアが働く職場としてのJapanTaxiについて、技術面では「合理性で周囲を納得させることができれば、好きな言語や技術を選べるという意味で、自由な環境がある」と指摘する。従来からある業務システムと、最新のアプリケーションでは、使っているフレームワークも言語も全く異なる。その意味では技術的にも「カオス」と言えるが、「逆に、ひとつの技術にだけコミットしてしまうと、それが将来的に先細るリスクもある。これまでに扱ったことのない技術や言語を使えるというのは、エンジニアにとって悪くない環境だ」とする。

さらに、大崎氏がJapanTaxiの職場としての魅力に挙げるのは「他では中々会えない変な人が大勢いる」ことだという。

「JapanTaxiには、本当にいろいろなタイプのエンジニアがいます。その気があれば、どんなバックボーンを持っている人でも、周囲から刺激を受けつつ、自分もバリューを出していくことができる。『仕事として何をやるか』はもちろんですが、『エンジニアとして誰と働くか』を重視する人にとっては、とても魅力的な職場だと感じています」

JapanTaxi株式会社の求人はこちら

「ユーザーに喜ばれるものを作りたいという思いがきっかけでした」-谷本晋一氏

現在、JapanTaxiでAndroidプラットフォームのソフトウェアエンジニアとして働く谷本晋一氏は、これまで複数のシステムインテグレーターや業務ソフトのパッケージベンダーでキャリアを積んできた人物だ。また、大学と大学院では、純粋数学の研究を行ってきたという経歴も持つ。

「研究者だった当時、プログラムは趣味程度に書いていました。そのうち、プログラミングに面白さを感じるようになり、それを仕事にしたいと思ってシステムインテグレーターに就職したんです。現在はAndroidのエンジニアとして働いていますが、Android開発そのものは、5年ほど前から始めていました。業務とは関係のない趣味として、toC向けのアプリ開発、ライブラリについてなども勉強していました。」

Web系企業などのtoC向けのアプリ開発・それに取り巻く文化、ライブラリについて興味を持った経緯を聞くと「勉強会によく参加していていたんですが、そういう場で発表するエンジニアが格好良く見えたんですよ。自分もああいうふうになりたいなと思ったのが最初のきっかけです」と笑う。

「趣味」といっても、Android開発にはかなり本腰を入れて取り組んでいたようだ。開発したアプリをGoogle Playで公開したり、営業マン向けの情報配信アプリを本業の一環として開発したりといったこともやっていたという。ただ、そうした中で、自分が今後やっていきたいと思っている開発の方向性と、会社のビジネスモデルとの間にあるギャップを感じるようになったという。

「自分としては、業務向けシステムを開発する中で、現場の視点でものを作り、使う人に『効率が上がった』『便利になった』と喜んでもらいたいという思いが強くありました。ただ、実際には自社と顧客側双方の事情があって、なかなか思うようにできないことに違和感を覚えるようになりました」

この違和感が、谷本氏が転職を決意するきっかけになる。転職にあたっては、これまでに業務や趣味で培ってきたスキルを生かしつつ、特に「IoT」に関連したシステムを扱う職場を希望していたという。

「IoTに強い関心を持ったのは、リコーの全天周カメラである『THETA』を触ったのがきっかけでした。ネットに接続するデバイスはスマートフォンだけでなく、より幅広くなっていく。そこから収集したデータを分析することで、これまでになかったような新しいことができるという可能性に魅力を感じました」

谷本氏が転職活動を始めた当初、「IoT」に関する事業を手がける企業の求人は多くなかったという。だが、諦めずに活動を続ける中で「タクシー」と「車載機器」を「IoTデバイス」と捉えて、新たなビジネスを開発しようとしていたJapanTaxiの存在が浮上してきた。

「タクシーに載っているデバイスをネットに接続した環境は、IoTインフラとして非常にユニークだと思います。最近ではAndroidタブレットを、車載端末として使うケースも多いのですが、実際に使ってみると、既存の市販品では、車内の熱に耐えられないといった問題も見えてきます。そうした時、デバイス側をより熱に強い、ヘビーデューティ対応のものとして開発すると言ったアプローチも、この会社ならできるんです」

谷本氏が、AndroidエンジニアとしてJapanTaxiで手がけているのは「タクシー配車システム」の一部だ。同システムが、バックエンドで決済システムと接続する部分のリニューアルを担当した。CTOの岩田氏は、その確実な仕事ぶりに舌を巻いたという。

「入社早々、システムに含まれる潜在的なバグを30個以上発見して、期日までに直してきたんです。仕事を進める際のプロセスもしっかりしている。彼が、これまでにやってきた業務系システム開発での経験が生きていると思いました」(岩田氏)

今後は、大学院時代の研究にも関連する、数理モデルを活用した、機械学習による配車システムの高度化などについても取り組んでいきたいという。

「IoTのインフラから集めたデータは、配車システムの高度化だけでなく、現場で乗務員が使っているアプリケーションの改善にも生かせるだろうと思っています。一般的なスマホアプリの継続的なUXの向上というテーマは長い間議論されていますが、IoTをベースにしたものはあまり前例が無いので、同じようなテーマでPDCAを回していくというアプローチが可能になるかもしれません」

転職を検討している人へのメッセージとして、谷本氏は「特に、自分のようにSIerで業務系のシステムをやっているような人は、もしエンジニアとしてやりたいことがあるのであれば、きちんと準備をしておくべきだ」とアドバイスする。ここで言う「準備」とは、業務と関係の薄い技術や言語であっても積極的に自分のものにしていくことや、市場の状況に注意を払って将来性のある技術やビジネスモデルの情報収集を欠かさないといったことが挙げられる。谷本氏の場合も、そうした取り組みを欠かさなかったことが、JapanTaxiという、自分に合った職場を見つけ出す結果につながったのだろう。

「JapanTaxiには、私のような業務系システムでの経験がある人、バリバリのWeb系でスピード感のある開発を手がけてきた人、そのほかにもいろんな強みを持ったエンジニアが集まってきています。一緒に仕事をする上で、意見がぶつかることもありますが、会社として、それぞれの強みをうまくつなげながら、良いものを作ろうという姿勢があります。そこに面白さを感じますね」

「自信はなくてもいい。やりたい思いがあふれている人と仕事がしたい」-岩田和宏氏

大崎氏、谷本氏の採用に関わった、JapanTaxi CTOの岩田氏は「新たに組織を作っていくタイミングでの採用に妥協はしたくないと思っていた。その点で、この2人は希望どおりの人材だった」と話す。

「組織を大きく作り替えるフェーズでは、自分で考えて行動できるタイプの人間でなければバリューを出すのは難しいと思います。『カオス』な状況を楽しめるメンタリティと、協調性を兼ね備えているという意味で、大崎は非常にバランスが良いと思います。谷本については、とにかく個性的で仕事に対して真面目に取り組む姿勢が素晴らしい。地頭が良くて、実装の技術も持っている。今後、会社としてアナリティクス分野を強化していくことを考えていますので、彼が得意とする数学的思考を存分に活用できる場所を提供したいですね」

JapanTaxiでは、エンジニアの採用を急ピッチで進め、エンジニアリングを武器とした事業展開の基礎固めを続けている。今後、特に注力していく領域としては「既存業務領域のIT化」と「データ分析による新ビジネスの構築」があるという。

「タクシーから取得できるデータを分析し、他のデータと結びつけることで生まれる可能性は多くあると思っています。例えば、位置情報と配車データを連携させることで、配車効率を改善し、さらに利益をあげられる配車システムが作れるかもしれません。また、近年注目を集めている、1台のタクシーを複数人で利用して利便性を高めるライドシェアをシステム化していくことなども可能だと思います」

岩田氏自身は、JapanTaxiを「自分の技術を、実社会の仕組みに当てはめて影響を与えられる点で、ほかにない刺激的な職場だ」と考えているという。

「もし、そうした仕事に関心があれば、積極的にチャレンジしてほしいと思っています。ただ、前例がない分野に取り組んでいるので、自分から何かを生み出せる力を持った人でないと難しいかもしれません。自信はなくてもいいですが、『やりたい』という思いにあふれている人と一緒に仕事がしたいですね。この場所で、いろんな人と会い、いろんなことを感じながら、自分の中にエンジニアとしての『軸』を作ってくれることを願っています」

執筆:高橋美津

JapanTaxi株式会社への転職情報

JapanTaxi株式会社の求人はこちら