Forkwell Press

エンジニアの生き様をウォッチするメディア

ITのビジネス活用推進に向け、株式会社IDOMが内製化で目指すものとは(後編)

中古自動車の買取・販売大手、株式会社IDOM(旧・ガリバーインターナショナル)の開発内製チーム「開発セクション」。同部署で働く面白さ、やりがいとは何か。開発セクション セクションリーダーの高橋 雅哉氏(写真中央)、システムエンジニアの坪田 渉氏(写真左)と塩野 一成氏(写真右)にお話を伺った(以下、敬称略)。

<前編はこちら> forkwell.hatenadiary.jp

ビジネスに深くコミットできるのが事業会社の面白さ

塩野氏と坪田氏は、受託開発のエンジニアから、IDOM へと転職してきたスタッフだ。彼らが事業会社の社内システムエンジニアになった理由とは何だろうか。

塩野:
私は、最初の2年くらいは SIer にいましたが、それからはフリーのシステムエンジニアとして、主に金融業界のフロント系システムの開発を行っていました。
基本的には提示された仕様に沿って開発を行いますが、仕様自体に「おや?」と思うことが間々あります。そういうときは「こうしたほうがいいじゃないですか?」と提案するわけですが、そうしてお客様の立場に立って仕事をしていても、発注者と受注者の境界線というのは当然あります。その境界線を越えて自分の仕事の結果にもっとコミットしたい、その思いが強くなってきた結果、事業会社に入って社内開発者になるのが近道だと考えたのです。

坪田:
仕事の結果にコミットしたいというのは、私の場合も同じですね。
私は SIer でシステムエンジニアをやっていましたが、トラブルを抱えたプロジェクトに“火消し”として途中参加することが多かったんです。火が吹き出したら呼ばれて、だいたい鎮火したら次の現場へ、という具合に途中で抜けることも多かった。そうしている内に、自分が関わった仕事が最終的にどうなるのか見届けたい、と思うようになったのです。事業会社の中にいればシステムだけでなく、そのシステムが支えるビジネスも含めて見届けることができる。
また、SIer でキャリアを重ねていくと、どうしてもマネジメント業務が増えてくる。開発の最前線から離れたくないというのも転職を決意した理由です。

制約の少ないフラットな組織でスケールの大きい仕事を

開発セクションは、まだ設置されたばかり。高橋氏、塩野氏、坪田氏の三人も入社一年未満だ。その彼らは IDOM をどんな会社だと感じ、どんなところに面白みを感じているのだろうか。

塩野:
現在は内製化に向けた下地作りの段階ですが、すでに始まっているプロジェクトもいくつかあります。まだ発表前なので詳しいことは明かせませんが、車と IoT を絡めた新しいサービスなど。自動車は自動運転など先端技術の開発が盛んですから、様々なビジネスチャンスがあります。この会社なら、IoT だけでなく、VR や AR、ディープラーニングなど、先端 IT を使った仕事をする機会に出会えるでしょう。常に先端技術に触れていたいという方には面白い職場だと思います。

高橋:
会社の規模は大きいですが、組織はフラットです。仕事は全般的にとてもスピーディー。社長に直接決済をしてもらう機会が多く設けられているなど、何かに待たされるということが少ないですし、その分、仕事に集中できる環境が整っています。フラットなのは部署内も同じで、リーダーやメンバーが対等な関係で仕事ができます。

坪田:
風通しがいいというのは、入社してすぐ感じました。働きやすい会社だと思います。

塩野:
それでいて企業規模が大きく、全国に張り巡らされたチャネルや、海外拠点などがありますので、企業体力が必要となるようなスケールの大きい仕事がしたいという方には魅力的でしょう。

高橋:
特に海外市場はこれからどんどん伸びるでしょう。というのも、モノを大事にする国民性や車検制度などのおかげで、日本の中古車は海外でとても評価が高いんです。「新車と変わらないんじゃないか」という人も多い。グローバルな仕事をしたい方にはやりがいがあるでしょう。

技術オタクなら大歓迎!

開発セクションの第一期は、10名の人員構成を予定している。現メンバーの3氏は、自分たちの仲間にどんな人物像を描いているのだろうか。

高橋:
今は開発内製チームの立ち上げ期ですから、ベンチャーマインドのある人、技術志向でありながらビジネス視点でも物を考えられる人がほしい。今後はスペシャリストも必要になると思いますが、第一期に関しては広い視野を持つ方に参画してもらえると嬉しいです。

塩野:
自分の信念を持って「これをやりたい」と言える方がいいですね。そういう方に参画してもらって、活発な議論がしたい。

坪田:
もっと言えば、仕事の内容で“喧嘩”できる人。技術が好きで好きでたまらない、いわゆる「技術オタク」。私たちも技術オタクと自負していますから、そうした仲間とナレッジのギブ&テイクをして、お互いを高められるといいですね。

執筆:森英幸