Forkwell Press

エンジニアの生き様をウォッチするメディア

ものづくり専門技術と大企業との出会いを生むRails製プロダクト「Linkers」とは?

Forkwell Press 編集局が独断と偏見でエンジニアの活躍現場を紹介する「エンジニアが支えるプロダクトのうらがわ」シリーズ。今回は、日本全国のメーカーと大企業をつなぐビジネスマッチングサービスを提供するリンカーズ株式会社さんのプロダクトのうらがわを紹介します!!
─=≡Σ((( つ•̀ω•́)つ スイスイスイーッ

リンカーズ株式会社ってどんな会社?

リンカーズ株式会社は、ビジネスマッチングサービス「Linkers」を開発・運営しており、ものづくり業界における様々な専門技術の活用促進を支えています。

全国350以上の産業機関(自治体、民間団体、大学・研究機関など)と密に連携、各機関に所属する「技術の目利き役」である産業コーディネーター1,700名以上とコミュニケーションを取ることで、日本各地のものづくり企業をネットワークする独自システムを構築。ものづくり企業とその専門技術を求める大手企業とを仲介することにより、新たなビジネス開発を支援しています。

マッチング実績の一例として、バンダイナムコグループ傘下企業(発注企業)と福島県の神田産業(受注企業)による段ボール製個人防音室「だんぼっち」の開発が実現、たちまち人気商品となり話題を呼んだことも。

他にも自動車・機械・環境エネルギー・素材・医療機器・情報通信など幅広い分野のビジネスにおいてマッチングを重ねており、マッチング成功率は90%超、サービス利用のリピート率は70%以上を誇ります。

エンジニアが支えるリンカーズのうらがわ

Linkers の Webアプリケーションは Ruby on Rails で開発。また、MongoDB によるログ解析、Apache Solr を用いた全文検索・レコメンドを実施しています。

受発注企業・産業コーディネーター・リンカーズ事務局の三者をつなぐコミュニーケーションツールである Linkers の開発は、老若男女、様々な人が使うサービスの UI/UX を考えながら進められています。

受発注企業の特性や専門技術などに関する様々なデータを分類してマッチング精度をより高めることに注力している他、今後はスマートデバイス向けアプリ開発も予定しているとのことです。

開発の進め方

次に作るものはどうやって決められるか

ユーザーの要望をもとに営業メンバーとエンジニアとが話し合ってストーリーを決定。エンジニア側から技術や新機能の提案を行うこともあるとのこと。

タスクの見積もり、スケジュール管理

ともに開発チームのリーダー(CTO)が行っており、全体のスケジュールは Redmine を使ってざっくりと管理しているとのことです。

開発フロー

2〜3週間単位のイテレーションで開発を行っており、ふりかえりとともに次イテレーションのストーリー見積もりを実施。ユーザーの要望によりたびたび仕様変更が発生することもあるため、各タスクの担当者は営業メンバーと連携を取りながら実装を進めます。

コードレビュー

対面でレビューを実施。入念なコードレビューで質を担保しており、バグは少なく保てているとのことです。

積極採用中!!

これまでものづくりに関わる中小企業と大手企業をつなぐのは、各地で限定的に開催する展示会や商談会、知り合いづてなど限られた手段しかありませんでした。
Linkers は産学官が協働する新たなプラットフォームを形成することにより、優れた企業・大学の持つ専門技術の活用促進を行い、全国各地で生み出される数々のものづくり事業を飛躍的に発展させることを目指しています。
興味を持たれた方、会社の雰囲気を知りたい方は、ぜひ Forkwell Jobs からエントリーしてみてください!

リンカーズ株式会社からのスカウトが届くかも!

企業からの「気になる」や「スカウト」を受け取って、 自分の市場価値を確認してみませんか??

ご登録はこちら: https://jobs.forkwell.com/about/scout



Forkwell Press 編集部



リンカーズ株式会社についてはこちら
エンジニア目線で会社を選べるサイト Forkwell Jobs はこちら
エンジニアのキャリア相談・キャリアチェンジ支援は Forkwell Agent