Forkwell Press

エンジニアの生き様をウォッチするメディア

【Java エンジニア必見】Java エンジニアが本当に満足できる求人はこうやって探す!

この記事では、IT エンジニアの言語の中でも業務系のシステム開発で大きな利用割合を占める Java に関する求人情報や、どういった求人を選べばよいのかという求人探しのポイントなどを分析、ご紹介していきます。

Java エンジニアの平均給与や Java 求人の探し方など、Java エンジニアが転職する際に役立つポイントを徹底検証します。


業務系のシステムで重宝される Java


Java は、法人企業がビジネスで使うシステム(業務系システム)の開発で、非常に多く使われている言語です。
特に Java はオブジェクト指向型のプログラミング言語で、複雑なシステムを分割して作成することができることから、大規模なシステムになりがちな業務系システムと相性が良く、使われるケースが多くなっているのです。

また、近年では業務系システムだけでなく、Android アプリやデスクトップアプリ、ゲームなどでも使われるようになり、その間口が広がっている言語です。


Java はプログラミング言語の人気もトップ!

このように幅広く利用されている言語である Java はさまざまなプログラミング言語の中でもトップクラスの人気を誇っている言語です。
実際に、プログラミング言語の利用度や人気を調べる際に用いられる「TIOBE Programming Community Index」のランキングでは C や PHP、Ruby などを押さえて1位になるほど、人気のプログラミング言語です。


Java の求人ニーズは今後も継続していく

このように、現在の業務系システムで多くの企業が採用している言語 Java ですが、このニーズは今後も継続していくでしょう。
というのも、システム開発の現場では従来のシステムのバージョンアップやリプレイスなどの場面の際に、以前のコードをそのまま活用した方が効率的に開発できるケースが往々にしてあるからです。
例えば「化石の言語」とも呼ばれることがある COBOL は、さすがに案件の数は少なくはなりましたが、60年近く経過した現時点においてもニーズは底堅くあります。

Java の場合には、COBOL と比べても多くの企業の業務系システムで使われ、今後もメンテナンスなどの需要は発生し続けるでしょう。

また Java 9 がリリースされてからは、かねてより課題であった Java のライブラリの複雑さやスリムダウンが解決をされており、今後ますます注目される言語となっています。

また、現時点で Android では、Java 7 の全ての言語機能と Java 8 の言語機能のサブセットをサポートしており、Android アプリの制作もできることから Java の存在感はますます大きくなってきています。

そのような意味で、Java の経験を積んでいくことはエンジニアにとって非常に重要なポイントと言えるのでは無いでしょうか。


Java エンジニアの年収は比較的高め

某大手人材会社の調査では、Java エンジニアの平均年収は約500万円となっており、全言語の平均年収が約430万円なのに比べて高い水準となっています。

その理由のひとつに、Java エンジニアが携わる案件が大規模なものになりやすいということが挙げられます。
他の Web 系言語を用いたプロジェクトの開発チームは少人数ということが一般的ですが、Java の場合は大規模なプロジェクトに携われるプログラミング言語であることから、動く金額も大きいため年収水準も高くなる傾向があります。


Java の求人は SIer の求人が多い


上述のように、Java を用いた開発は業務系の大規模なシステムが中心になっていることから、採用する企業も大手企業になる傾向があります。
そのため、Java の求人は SIer の求人が多くなっています。
ちなみに近年では、Java を活用した受託系の案件や Android アプリ等の開発案件なども増えてきています。


未経験または経験が浅くても Java のスキル・技術は学びやすい


Java は、企業の業務系システムで多く採用されている言語であるため、しっかりと作成された仕様書の元で開発プロジェクトが進行するケースが多くなっています。
そのため、プロジェクトの管理者は未経験または経験が浅いエンジニアでもプロジェクトに参加させやすい面があり、経験を積みやすい環境であると言えるのです。
プロジェクトメンバーには経験豊富なエンジニアもアサインされるので、未経験または経験の浅いエンジニアが学びを得られる場面が多いのも特徴です。


Java 求人のオススメの探し方!(※宣伝あり)

ここではオススメの Java エンジニアの求人の探し方をご紹介します。

一般的な探し方として挙げられるのは、大手求人サイトでキーワードに「Java」と入力して検索する方法です。しかし、この探し方では「オープン系の開発経験3年以上」や「Java もしくは .Net による開発経験3年以上」と条件が記載されている求人など、 Java だけに関われないような求人も多く見つかってしまいます。

そこでポイントとなるのが、 Java 案件に強い求人サイトであったり、IT 領域に特化した求人サイトの活用です。

例えば、Forkwell が運営している「Forkwell Jobs」では、単に「Java」などの開発言語だけでなく「Spring」などのフレームワークについても求人票に記載しています。
さらには、フレームワークだけでなく開発メンバーに与えられている裁量権や開発環境・体制なども詳しく記載しています。

Java エンジニアとしての成長を希望するのであれば、単に多数の求人の中から探すよりも、知りたい情報がしっかりと記載されている「Forkwell Jobs」が役立ちますので、ぜひご活用ください。


Java エンジニアが転職後によく感じる不満とは?(※宣伝あり)

次に Java エンジニアが転職した後に感じやすい不満点をご紹介します。

Java エンジニアの場合、SIer への転職が割合として多いため、自分の希望に合致しない案件にアサインされてしまう可能性があります。
その結果、自分の想い描くキャリアを実現しづらくなる可能性が出てきます。
そういったことを防ぐためには面接時にしっかりと確認するなど、ミスマッチが発生しないように努めることが重要です。
先述の「Forkwell Jobs」であれば、求人票にしっかりと開発環境などの情報が明記されているので、あらかじめミスマッチを少なくすることができます。


勉強会やイベントにもキャリアアップの出会いのチャンスが!?(※宣伝あり)

Java エンジニアのキャリアアップのチャンスは求人サイトだけではありません。
Java に関する勉強会やイベント、カンファレンス、あるいはその他の言語やデータベースなどの勉強会もオススメです。
色々な会社のエンジニアがこのようなイベントに参加しているので、自分自身では思いもしなかったような出会いがあるかもしれません。

また勉強会だけでなく、自分から Java で開発をしている色々な会社に行って、その会社の人と話をすることもできます。
そのような際に役立つのが、Forkwellが運営しているサービス「Forkwell Scout」です。

「Forkwell Scout」はスカウトサービスによくあるコピペスカウトが大量に送られてくるサービスではなく、Java など特定の言語で開発をしている会社の採用担当者が、しっかりと経歴まで見てスカウトを送るサービスです。
送られたスカウトに対してすぐに面談することも可能ですが、「ご飯でも食べながら話す」・「コードを見に会社に行ってみる」・「Skypeで話をしてみる」など、あなたの好きな温度感で返答方法を選ぶことができます。

「Forkwell Scout」を活用して、Java の開発をしているさまざまな会社の人と交流を深め、エンジニアとしてのキャリアの幅を広げていくことが可能です。


最後に

この記事ではJava エンジニア向けに、Java の求人の現状や年収、そしてどのような会社で Java は使われているのかといった傾向について解説してきました。
また、Java エンジニアが転職活動をする際にオススメの方法についても解説しました。

Java は従来のように大規模な業務系システムなどで重宝されるだけでなく、Android アプリなどの開発でも活用されるようになっており、今後ますます注目されていく言語です。

そのため、Java を用いて開発している会社は多種多様になってきており、Java を扱う会社に転職をする際には、事前にしっかりと開発環境を見定める必要があります。

あなたにとって最も最適なキャリアアップ先を選定する際に、「Forkwell Jobs」や「Forkwell Scout」のサービスが少しでもお役に立つのであれば幸いです。


<サービス・リンク>
Forkwell Jobs サービスはこちら
Forkwell Scout サービスはこちら