Forkwell Press

エンジニアの生き様をウォッチするメディア

【 C 言語を扱うエンジニア必見】C 言語の将来性や求人の探し方を徹底レポート!組み込みや業務系だけじゃない転職も!

この記事では、IT エンジニアの言語の中でも C 言語に関する特徴や将来性、転職する際にどのように求人を選べばよいのかというポイントを分析、ご紹介していきます。

「実際に C 言語を用いて開発をしている方」 「これから C 言語を使っていきたい、学習をしていきたいとお考えの方」 は、ぜひ参考にしてください。




C 言語の特徴

まずは、C 言語がどのような業界で使われているのか?について解説します。
そもそも、C 言語は1972年に開発された言語で、近年人気のある Web 系の言語よりも歴史がある言語です。
また言語としては、単なるシステムの開発だけでなく、非常に幅広い用途で使用できるのが特徴として挙げられます。
具体的には、OS の記述だけでなく、アプリケーション・ファームウェア・デバイスなど、あらゆる分野に適応しており汎用性が高い言語となっています。
そのため、業務で使うコンピュータシステムやコンピューター用のソフトウェアなどで用いられるだけでなく、自動車や家電、デバイスなどといった、組み込み用アプリケーションの開発や基幹系システムの開発など、あらゆる分野で用いられています。

このように非常に汎用性の高い言語であることから、エンジニア初心者がプログラミングの学習ではじめに学習するケースが多くなっています。
しかし、比較的古い言語となっているため、コンパイラを使ってプログラミングの学習をしないといけないこともあり、学習する難易度は比較的高い言語と言われています。
ただ、C 言語を学んでおけば他の言語への応用が利きやすく、学習がスムーズに進むことから、近年注目されている言語になっています。

また、C 言語はその汎用性の高さと扱えるエンジニアの数が多いことから、コミュニティが多数存在しており、インターネットなどでもコーディングに関連する情報は豊富にあります。
その意味では初心者にとっては勉強する際に情報を得やすい言語であると言えます。


C 言語の求人は引き続き高いニーズを維持

次に C 言語がどれだけ世の中のエンジニアに使われているのか、実際のニーズを調べてみました。
プログラミング言語の利用度や人気を調べる際に一般的な手法である「TIOBE Programming Community Index」のデータを元に分析した結果は以下の通りです。


引用元

これは2017年と2018年のそれぞれの各言語の利用率、言語別の人気を示しています。
このデータでは2017年と2018年ともに C 言語は2位の利用となっており、高い人気があることが分かります。
また、C 言語に文法なども近い C++ や C# などの言語も人気となっています。
この背景として汎用性の高さが要因のひとつとして挙げられます。

また、C 言語は高速性の実行能力があるという特徴から、近年人気が再燃しています。
従来の組み込み系システムや OS 開発、Web サービス系企業やゲーム系の企業でのニーズが増してきているのです。



上のグラフのように、一時期ほかの言語の普及が台頭してきたこともあり、需要が低下していた C 言語ですが、近年徐々に需要が増えてきており、今後ますます注目される言語と言われています。


C 言語を扱うエンジニアの平均年収は500万円後半が基準

次に C 言語を扱うエンジニアの年収について調べてみました。
C 言語は扱う業界が幅広いため、同じ C 言語を扱えるエンジニアであっても、年収は人によって異なることから、年収レンジが広くなる傾向があります。
その上で C 言語を扱うエンジニアの平均年収を分析してみます。

平均年収の算出については、さまざまなデータがあり、金額もそれぞれの調査によって異なりますが、どの調査結果を見ても平均年収は 500 万円後半が基準となっています。
ある転職サービスのデータでは平均年収 597 万円となっており、色々な言語の中でも 4 位と高い順位になっています。
また、C 言語を扱うエンジニアの場合、今だからというわけではなく以前から比較的高めに推移していました。

その理由は、C 言語が業務系システムだけでなく、自動車や家電などの組み込み系システムの開発にも使われていることが影響しています。

このような開発を行う自動車や家電などのメーカーは日本を代表する主要産業でもあり、高い品質が求められます。そのような背景もあり、C 言語を扱うエンジニアの年収は高く推移してきたのです。

それでは、次に C 言語のエンジニア求人には、具体的にどのような求人があるのかを確認していきましょう。


C言語の求人はどのような会社が募集しているのか?

実際に C 言語の求人はどのような会社が募集をしているのかを分析します。 ここまで見てきたように、C 言語は非常に汎用性の高い言語で、さまざまな環境で用いられています。
では、どのような会社で募集されているのかを確認しましょう。

C 言語の求人が募集されている会社は、大きく分けて以下の3つとなっています。
(1)組み込み系システム・メーカー
(2)システムインテグレーター(SES or 受託)
(3)パッケージベンダー・Web 系企業
それでは、それぞれの企業体がどのような企業なのかを具体的に確認していきます。

(1)組み込み系システム・メーカー
最も C 言語の特徴が活かされているのが、組み込み系システムのメーカー内で行われている製品開発の業務です。
組み込み系システムとは、家電製品や機械等に組み込まれるシステムの事を指します。
また、組み込み系システムの中では、C 言語はかなり独占的な位置づけとなっており、C 言語の地位は揺るぎないほど圧倒的となっています。
その理由は、C 言語の技術面で確立されている高い安定性です。
組み込み系システムなどの製品開発の場合、モノと連携して動いていく特徴があるため、他のコンピューターシステムよりも高い安定性が求められるのです。そして今後も C 言語の需要は維持されていくと予想されます。

また、組み込み系システムの場合、C 言語の知識だけでなく、電気や回路などの知識も求められる傾向があるのも特徴のひとつです。

(2)システムインテグレーター(SES or 受託)
システムインテグレーターでも C 言語は求められます。
特にC言語は、OSにも影響するコーディングが可能なため、セキュリティーなどの専門性の高いアプリケーション開発においては、C 言語は他の言語よりも高い優位性を持っています。

(3)パッケージベンダー・Web 系企業
システムインテグレーターと同じく、パッケージベンダー・Web 系企業でも、C 言語の特性である OS にも影響するコーディングといった高い汎用性や高速性は求められます。
このようなパッケージベンダー・Web 系企業で C 言語が求められる場合には、使用用途も特殊なケースが多いため、高い技術力が求められる傾向があり、その分年収などの条件面が高い傾向があります。


C 言語の将来性ーC 言語は IoT など新しい働き方の可能性も!(※宣伝あり)

C 言語は業務系や組み込み系の求人以外にも、近年では IoT などの新しい領域の求人が増えてきています。
特に IoT の場合、「モノ」と「インターネット」が繋がる世界なので、C 言語との相性が非常に良いのが特徴です。

このような IoT などの最先端の技術に関連する求人などは、Forkwell の運営する「Forkwell Jobs」にも求人が掲載されていますので、ぜひ閲覧してみてください。


C 言語の求人は「未経験」「初心者」でも求人はあるのか?

C 言語の求人については、未経験や経験が浅くても OK という募集求人が全くないわけではありませんが、やはりそこまで多くはないのが現状です。
C 言語の求人では求められるレベルも高いことが多く、未経験向けの求人はそこまで多くありません。
ただ、全く求人がないという訳でもありませんので、もし未経験でC 言語を扱うエンジニアを目指す場合には、根気よく求人を探し続けることが大切です。


C 言語を扱うエンジニアにおすすめの資格とは?

C 言語に関連する資格として、「C 言語プログラミング能力認定試験」というものがあります。
ただ、全てのC 言語を扱うエンジニアがこの資格を保有しているという訳ではありませんので、この資格が無いと自身のスキルが評価されないという訳ではありません。
ですが、自分の持っているスキルを客観的に評価するという意味で、このような資格を保有しておくは価値があると言えるでしょう。

また、登竜門的なおすすめの資格としては「基本情報技術者」があります。 難易度としても比較的簡単な資格となっており、プログラミング言語選択で C 言語が選べるので、初学者であればまずはこちらを目標にすると良いでしょう。


最後に

この記事では、C 言語の特徴や将来性、C 言語を扱うエンジニアの求人の状況やキャリアプランなどについて解説してきました。

この記事を見て「もっと実際の自分の価値が知りたい!」や「色々と生の C 言語エンジニアの声や開発の環境を知りたい!」と感じましたら、Forkwell が運営する「Forkwell Scout」のサービスを試してみてください。
実際に企業からスカウトを受けて、C 言語で開発をしている企業に実際に会いに行くことは、直接的な利益だけでなく深い技術的な観点での確認もできるのでオススメです。

あなたにとって最も最適なキャリアアップ先を選定する際に、「Forkwell Jobs」や「Forkwell Scout」のサービスが少しでもお役に立つのであれば幸いです。


<サービス・リンク>
Forkwell Jobs サービスはこちら
Forkwell Scout サービスはこちら