forkwell press

エンジニアの生き様をウォッチするメディア

【JavaScript を扱うエンジニア必見】JavaScriptの特徴と求人の探し方を調査!JavaScript のスキルで広がるキャリアとは?

この記事では、コード言語の中でも JavaScript の特徴についてご説明します。
また、JavaScriptを扱うエンジニアの平均的な年収や最新の求人の探し方、最新の動向など転職を考える際に役に立つポイントをご紹介します。

「実際に JavaScript を用いて開発をしているエンジニア」
「JavaScript エンジニアの転職はどのような求人があるのか知りたい」
「これから JavaScript を使っていきたい、学習をしていきたい」
という方は、ぜひ参考にしてください。


JavaScript の特徴

JavaScript の特徴・概要を解説します。
JavaScript はスクリプト言語でプログラミング言語の一種です。
稀にプログラミング言語の「Java」と名称が似ていることから混同する人もいますが、 Java と JavaScript は全くの別物で、使われる環境にも類似性はありません。

また、JavaScript は1995年に Netscape Communications のブレンダン・アイクによって開発をされたプログラミング言語です。
当時 Netscape Communications はインターネットブラウザで人気を得ており、ブラウザ上でさまざまな表現を実現する目的の元、JavaScript は開発されました。

当初は JavaScript という名称ではありませんでしたが、同年に発表され注目を集めたプログラミング言語である Java にあやかろうということで、JavaScript という名称に変更されたという経緯があります。

JavaScript は、Web ブラウザ上で動的なサイト構築・コンテンツ制作において用いられるケースが非常に多くなっています。
さまざまな表現が可能であることから、リッチコンテンツの制作においてはとても重宝される言語となっています。
リッチコンテツの制作においては、2000年代に一世を風靡をしていた「FLASH」や「ActionScript」が使用されておりましたが、iPhone や iPod がこれらに対して非対応の戦略を取ったため、徐々に存在感をなくしていきました。
その代わりに大きく注目を集めたのが JavaScript であり HTML5 なのです。
JavaScript は HTML5 の機能を引き出すことができ、相性が良いことから注目を集めました。
そして現在では JavaScript のライブラリなども充実していき、Web 開発において必要不可欠なものとなっています。

また、JavaScript は扱いやすく書籍やWeb サイト上でも解説している記事が多いため情報量も多く、初心者がプログラミングの学習で初めに学習するケースとしても有用です。


JavaScript はエンジニアに高いニーズがある

次に JavaScript がどれだけ世の中のエンジニアに使われているのか、実際のニーズを調べてみました。
プログラミング言語の利用度や人気を調べる際に一般的な手法である「TIOBE Programming Community Index」のデータを元に分析した結果は以下の通り。
引用元

こちらのデータは、2017年と2018年のそれぞれの各言語の利用率・言語別の人気を示しています。このデータでは2017年と2018年では JavaScript は6位・7位となっており、爆発的な人気があるわけではありませんが、底堅い人気があるようです。

一方で GitHub でのリポジトリ数は JavaScript が圧倒的に1位になっています。
引用元

これは、JavaScript と GitHub の相性が良いということもあるでしょう。
ちょっとした機能や画面側のアクションを記載したものを、GitHub に載せておくといった使い方をするケースが多くなっていると推測されます。

GitHub のリポジトリ数がとても多いということは、JavaScript を用いて開発する場合に、参考となるものが豊富にあるということになります。つまりは誰でも参考にしながら開発がしやすいという側面があるのです。そのため、システム開発やサイト制作だけでなく、Web サービス系・ゲーム系の企業でのニーズも増えてきているのです。


JavaScript エンジニアの平均年収は500万円前半が基準

次に JavaScript エンジニアの平均年収について調べました。
平均年収の算出方法については、さまざまなデータや調べ方があり、調べ方によって大きく異なります。
掲載をされている求人ベースで調査を行うと、求人票には「400万円〜600万円」など、幅を持たせて記載されているケースが多いため、正しい年収帯が判明しづらいのです。
また、転職活動中の登録者の平均年収をベースにすると「転職をしたい人」だけの平均年収になってしまいます。

そのため、さまざまな調査結果を総合的に踏まえて、独自の観点でおおよその結果を計算しました。その結果「JavaScript エンジニアの平均年収は500万円前半が基準」としました。ある転職サービスのデータでは平均年収536万円となっており、言語のランキングの中で9位と比較的高い順位になっていました。

それでは、JavaScript のエンジニアの求人には具体的にどんな求人があるのかを確認していきましょう。


JavaScript の求人はどのような会社が募集しているか?

実際に JavaScript の求人はどのような会社が募集をしているのか、についてご紹介します。
前述のように、JavaScript は Web ブラウザ上で動的なサイト構築・コンテンツ制作において用いられるケースがメインですが、徐々に活用の幅が広がってきています。
実際にどのような会社で募集をされているのかを確認していきましょう。

まずは、JavaScript の求人が募集されている環境は大きく分けると以下の3つの企業となっています。
(1)サイト制作・Web 系受託会社
(2)自社サービス運営企業
(3)システムインテグレーター

具体的に上記の3つの企業がどのような企業なのかを確認していきます。

(1)サイト制作・Web系受託会社
JavaScript の特徴が最も活かされる環境は、「(1)サイト制作・Web 系受託会社」か「(2)自社サービス運営企業」のどちらかでしょう。
この2社の大きな違いは、サービスを作るプロとして受託して開発しているか、サービスを自分たちで開発しているか、の点です。

サイト制作・Web 系受託会社の場合は、サービスを作るプロとして開発に携わることになります。そのため、ずっと同じような機能・サービスに携わる事がなく、どんどんと新しい機能や新規の開発を行うことになるので、技術的な成長を得やすい環境と言えます。

一方でサービスそのものを運営するのはクライアント側なので、ひとつのサービスに長く・深く携わりたいという方には不向きと言えるでしょう。

(2)自社サービス運営企業
(1)とは異なり、サービスの運営会社側で業務を行っていくのが(2)自社サービス運営企業となります。

サービス運営会社側での業務なので、ひとつのサービスに長く・深く携わりたいという人にマッチしています。
また、サービスの中身に深く関わることができるため、自分のアイデアや意見が反映でき、その部分にやりがいがあると言えるでしょう。

一方で関わるサービスは運営しているサービスに限定されます。
そのため、もっと違う経験をしてみたい、最新の技術を色々と使ってみたい、新しいテーマで開発をしてみたいなどといった、新しいことにチャレンジしてみたいという方には、少し物足りないかもしれません。

(3)システムインテグレーター
最後にシステムインテグレーターです。
システムインテグレーターの場合、比較的大規模な業務系システムの構築などを行うため、JavaScript がメインで開発に用いられることはあまり多くはありません。
しかし、近年では業務系システムでもユーザービリティの高さが求められるようになってきているため、JavaScript を用いて使いやすいシステムを作成しようとしているシステムインテグレーターが増えてきています。
このような視点で JavaScript のスキルを使用したい方にはおすすめです。


JavaScript の求人に応募する際、「未経験」「入門」でも可能なのか?

JavaScript の求人は、未経験や経験が浅くても OK という募集求人も比較的数多く存在しています。もちろんそのような求人でも、実際に業務を行う際にはプログラミングを行うので、自分でプログラミングの学習をしているという、エンジニアとしての基本的な素養は求められます。

JavaScript の場合はプログラミングの基本でもありますし、参考書などの情報は非常に多く世の中に出回っているので、「未経験」「入門」の求人であっても、自己学習・自己研磨をしっかりとしておいた方がよいでしょう。


JavaScript エンジニアにおすすめの資格とは?

JavaScript に関連する資格としては、「HTML5 プロフェッショナル認定資格」があります。これは JavaScript に特化した資格というわけでは無く、HTML5 や CSS3 など、JavaScript と関連するマークアップ言語の技術力や知識なども問われます。

また、その他の JavaScript に関連する資格としては「CIW JavaScript・スペシャリスト」もおすすめです。この資格は JavaScript を中心とした資格で、内容的には比較的基本的なものも含まれています。
JavaScript そのものの資格はそこまで数が多くないですし、国際資格でもあるので、JavaScript に関連する資格を取得したい、という場合にはおすすめです。


JavaScript エンジニアが学習すべき技術とは?

JavaScript エンジニアが学習すべき技術のは、いくつか種類があります。
まずひとつ目が、JavaScript ライブラリです。
JavaScript を学習しているエンジニアであれば、多くが JavaScript ライブラリも学習している、または興味を持っているようです。

この JavaScript ライブラリとは、JavaScript でよく使われる機能(画像のスライダーやクリックすることで動くアクションなど)をいちから自分で作るのではなく、効率的に引き出すことができる仕組みを指します。

その中でも近年注目を集めているものが Facebook が開発を主導した JavaScript ライブラリ React です。この React は UI を重視した設計ができる JavaScript ライブラリで、Netflix や Airbnb などでも使われていることから近年注目を集めています。

そのほか、学習すべき技術としては jQuery が挙げられます。
jQuery を活用することで、通常 JavaScript でコーディングすると複雑になってしまう記述がシンプル化できるため、非常に便利な技術です。

また、PHP なども学習をしておいた方が良いかもしれません。
JavaScript はフロントエンドの開発で重宝されます。その場合、同時に PHP も使うケースが多いので、一緒に学習しておくと良いでしょう。


最後に

この記事では、JavaScript の特徴に触れ、どのような企業で利用されているのかについて解説してきました。また平均年収や求人の動向など、JavaScript エンジニアが転職活動を行う際に役に立つ情報をご紹介してきました。

この記事を見て、「もうちょっと実際の求人情報が見てみたい」と感じましたら、「Forkwell Jobs」に JavaScript の求人が多数掲載されていますので、ぜひご確認ください。

また、現状のあなたの JavaScript エンジニアとしての市場評価を把握するのに役立つツール「Forkwell Scout」もご紹介します。
転職を考えていなくても、実際に外部の企業からスカウトを受けることで、社内評価だけでなく市場からの評価をしっかりと把握することができますので、あなた自身のエンジニアとしての立ち位置を正確に理解することができます。
自身の立ち位置を把握することで、今まで考えもしなかったキャリアも見えてくるかもしれません。

あなたにとって最も最適なキャリアアップ先を選定する際に、Forkwell のサービスが少しでもお役に立つのであれば幸いです。


<サービス・リンク>
Forkwell Jobs サービスはこちら
Forkwell Scout サービスはこちら