forkwell press

エンジニアの生き様をウォッチするメディア

【 Python エンジニア必見】注目の言語 Python の特徴を解説。求人動向も徹底レポート!

この記事では、IT エンジニアの言語の中でも Python に関する特徴について解説します。
また、Python 求人の最新動向と企業の選び方のポイントなど、転職を考える際に役に立つ情報をご紹介していきます。

「実際に Python を用いて開発をしている方」 「これから Python を使っていきたい、学習をしていきたいとお考えの方」 は、ぜひ参考にしてください。



Python の特徴

Python の最大の特徴はその「シンプル」さにあります。
プログラミングの前提となる文法を非常に簡略化することによって、人間の感覚に非常に近しい言語となっています。

元々、Python は見やすさを意識したプログラミング言語として開発をされました。
Python が登場したのは1991年で、その当時は既に C 言語や C++、Perl などが存在しており、徐々にソースコードが煩雑化していく頃でした。
そこで、プログラマーの作業効率を重要視して開発されたのが Python です。

このような特徴があることから、Python は初学者にも受け入れやすい言語と言われています。具体的に Python はオブジェクト指向型だけでなく、関数型・手続き型など、さまざまな形式でのプログラミングが可能となっており、あらゆる領域で使える柔軟性があります。

また、従来のパソコンなどにインストールをして、アプリを使う「デスクトップアプリケーション」だけでなく、ブラウザから使うことができる「Web アプリケーション」や、組み込み系システムなど、さまざまな場所で使うことができます。

さらにはこの柔軟性がポイントとなり、理工学や統計学における解析や分析などにも多く使われるようになりました。
そのような背景から、現在の機械学習などでも主要な言語として Python が利用されており、あの Google でも Python が採用されるようになったのです。


Python はエンジニアに高いニーズがある

このようにシンプルさと幅広さが評価をされ、さまざまな用途で使われるようになった Python ですが、実際にどれだけ世の中のエンジニアに使われているのか、実際の利用ニーズを調べてみました。
プログラミング言語の利用度や人気を調べる際に一般的な手法である「TIOBE Programming Community Index」のデータを元に分析した結果は以下の通りです。

引用元

上記のランキングは、2017年と2018年の各言語の利用率・言語別の人気を表しています。このデータでは2017年と2018年それぞれで Python は4位、5位となっており、ほかの Java や C 言語など、業務系のシステム開発で使われるメインストリームの言語に肉薄しています。

このようにさまざまな言語の中でも上位に位置しており、直近では機械学習など注目されているテーマに Python が使われるケースが増えていることから、今後のニーズも高くなっていく言語と言えます。


Python エンジニアの平均年収は500万円台後半が基準

次に Python エンジニアの平均年収について調べてみました。
平均年収の算出については、さまざまなデータがあり、金額もそれぞれの調査によって異なっていますが、どの調査結果でも平均すると Python エンジニアの平均年収は500万円台後半となっていました。
また、ある転職サービスのデータでは平均年収は651万円となっており、各言語のランキングの中でも1位という結果でした。

このように Python のエンジニアの平均年収が高くなっている最大の要因として、「AI などの人工知能・機械学習のニーズが高まっている」ことが挙げられます。
人工知能を活用したシステムや機械学習では、Python が使われることが多くなっているので、付随して Python を使えるエンジニアのニーズが高くなり、年収も高くなっているのです。

また、今後も人工知能・機械学習のニーズは高まりを見せていくことが想定されますので、引き続き Python のエンジニアの平均年収は高く維持されるでしょう。

次に Python エンジニアの求人には、具体的にどんな求人があるのかを確認していきましょう。


Python エンジニアの求人はどのような会社が募集しているか?

ここでは Python の求人はどのような会社が募集しているのかを解説します。
Python は、ここまで見てきたように人工知能・機械学習で活用されることが多い言語なので、人工知能・機械学習を活用した Web サービスやシステムを開発する企業からのニーズが高くなっています。

また、これらの企業では自社で保有している大量のデータを元に機械学習をしていきたいという目的で Python エンジニアを募集するケースが多くなっています。
Pythonを使ってさまざまなデータベースを操作していく必要があるため、データベースをしっかりと扱える技術も求められます。

Python エンジニアは非常に注目をされていますが、求人数としてはそこまで多くないのが現状です。
その理由は、Python の特性が大きく関係しています。
シンプルなコードで開発ができ、保守がしやすいことから開発効率も高い、という特性があるため、エンジニア求人の数としてはそれほど多くはならないのです。

また、従来からあるような既存システムを活用した保守案件や追加機能開発案件は、Java や C 言語が主に使用されているため(そのため Java や C 言語の求人は多い傾向)、Python はあまり使われていないのです。このことも Python の求人数が少ないことにつながっています。


Python の将来性ー機械学習・人工知能のブームはこれから!?

近年、機械学習・人工知能のニュースを聞かない日がないくらい、私たちの身近になりました。機械学習・人工知能の技術を用いたサービスやアプリは多くリリースされており、有名なサービスやアプリにも機械学習・人工知能の技術が追加されることも増え始めています。それらの技術は Python で開発されるものが多いので、徐々に Python エンジニアが活躍する市場は増えていくでしょう。


Python の求人は「未経験」「入門」では求人はあるのか?

Python 求人には、未経験や経験が浅くても可という求人はそこまで多くはありません。
それはまだ Python エンジニアが大量に必要になるケースはそこまで多くなく、高い技術力を持ったエンジニアで少数精鋭で開発したいと考えている企業が多いためです。
そのため未経験や経験が浅くても可という求人は多くないのです。

しかし現在は、Python エンジニアのニーズが徐々に増加してきており、企業側でも不足してきているので、経験が少なくても独学でしっかりと Python の学習をしているようなエンジニアであれば、転職・キャリアアップできるようになるかもしれません。


最後に

この記事では、Python エンジニアの特徴について、また求人の状況やキャリアプランなどについて解説してきました。

この記事を見て「もっと実際のところの自分の価値が知りたい!」や「色々と生のPythonエンジニアの声や開発の環境を知りたい!」と感じましたら、ぜひ本編集部が運営する「Forkwell Scout」をぜひ、試してみてください。
このサービスを使ってスカウトを受けて、pythonで開発をしている企業に実際に会いに行くことは、直接的な利益だけでなく、深い技術的な観点での確認もできるので、オススメです。

この記事を見て「実際の求人情報が見てみたい」と感じましたら、「Forkwell Jobs」に Python の求人が多数掲載されていますので、ぜひご確認ください。

また、現状のあなたの Python エンジニアとしての市場評価を把握するのに役立つツール「Forkwell Scout」もご紹介します。
転職を考えていなくても、実際に外部の企業からスカウトを受けることで、社内評価だけでなく市場からの評価をしっかりと把握することができますので、あなた自身のエンジニアとしての立ち位置を正確に理解することができます。
自身の立ち位置を把握することで、今まで考えもしなかったキャリアも見えてくるかもしれません。

あなたにとって最も最適なキャリアアップ先を選定する際に、Forkwell のサービスが少しでもお役に立つのであれば幸いです。


<サービス・リンク>
Forkwell Jobs サービスはこちら
Forkwell Scout サービスはこちら