forkwell press

エンジニアの生き様をウォッチするメディア

【Ruby エンジニア必見】Ruby エンジニアが次に学ぶべき Elixir 技術の最新トレンドを解説!

この記事では、 Ruby(Rails)に文法が近く注目を集めている Elixir に関する情報を分析、ご紹介していきます。 Ruby に近い文法を持ち、近年では徐々に注目を集めている関数型プログラミング言語の Elixir について解説を行います。

Elixir を勉強するメリットについて、また Elixir のスキル・技術を利用した転職事情についてまで説明しますので、ぜひ参考にしてください。

Elixir 最新技術トレンド

それでは、まず最初にElixir 言語に関する基本的な解説と最新の 技術トレンドを解説していきます。

Elixir(エリクサー)とは?

そもそも Elixir とはどのような言語なのかを解説します。 Elixirは 仮想環境上で実行処理される関数型のプログラミング言語となっています。Elixir 言語の開発者である Jose Valim 氏は元々 Ruby エンジニアであり、Ruby のコミュニティ内でも有名な人物であったことから、Elixir の開発においても「Ruby」「Ruby on Rails」の影響を強く受けています。 そのため、Ruby エンジニアであればキャッチアップが比較的容易な言語と言えるでしょう。

■【 Elixir の特徴】関数型言語・並列処理計算 プログラミング言語として、文法が Ruby に近いという特徴の他に Elixir は関数型言語としての特徴もあります。 また、合わせて Elixir の特徴として、「並行処理」の計算が出来る事が挙げられます。 従来のようなシングルタスクスレッドのプログラミング言語だと実行速度が遅く、プログラムが重くなってしまう事がありますが、並行処理ができる Elixir であれば、効率的にプログラムを実行することができるようになりました。 特に現在では多数のコアを入れている CPU が非常に多くあることから、その恩恵を得るためには Elixir のような並行処理の計算ができるプログラミング言語が有利となります。 ここまでをまとめると Elixir のメリットは、大規模なトラフィックを安定的に実行処理することができる、という点になります。

Elixirならゲーム業界がアツイ!

大規模なトラフィックを安定的に実行処理することができるという Elixir の最大の特徴 から、現在ゲーム業界で大きな注目を集めています。 ゲーム業界の場合、時間帯によって非常に大規模な同時アクセスが日々発生することから、他のサービスと比べて膨大な量のトラフィックを捌かなければなりません。 そういった事から Elixir の特徴である大規模なトラフィックを安定的に実行できる点が非常に相性が良くなっています。

※参考:日本で Erlang/OTP や Elixir を利用している会社一覧

本記事執筆時点(2018年4月)では、まだまだ求人として顕在化していませんが、今後爆発的に Elixir のニーズが高くなる可能性があります。

徐々に高まりつつある求人ニーズ

ここでは、これからニーズが徐々に高まってくると予想される Elixir が、なぜ人気が出るのか、その理由となる3つの根拠を解説します!

Elixirがアツイ理由1:とにかく大量のトラフィックに向いている

現時点でゲーム系や Web 系の企業で重宝されている言語として、Rubyや PHP、Objective-C などがありますが、これらの言語と比べても Elixir は大量のトラフィックを安定的に捌くことに向いている言語となっています。 特にソーシャルゲームなどの場合には、ユーザーが遊ぶ時間帯が朝夜の通勤時間や昼休み、就寝前など時間が決まっているため、その時間帯に大量のトラフィックが発生します。

Elixirがアツイ理由2:扱うエンジニア数の多い Ruby に近い文法

2つ目の理由としては「扱うエンジニア数の多い Ruby に近い文法」という理由が挙げられます。 Elixir は、Ruby 経験者であれば早期に学習して技術習得が可能となっています。

Elixirがアツイ理由3:まだ扱えるエンジニアが少ない&今後、大きな注目を集める

最後の理由としては現時点でまだ Elixir を扱えるエンジニアの数が少ないため、今の時点で勉強を行ったり、 Elixir の経験を身につけておくことで Elixir に関しての第一人者としてキャリアアップできるかもしれません。 技術が注目され、多くの企業で実際に使われ出してくると、その言語を扱えるエンジニアの数も増えるため希少価値がそこまで高くなくなってくるでしょう。 ですが、現時点(本記事執筆時点:2018年4月)ですとまだ Elixir を扱えるエンジニアが少ないのでチャンスと言えます。

最後に

この記事では、Elixir の特徴に触れ、どのような企業で利用されているのかについて解説してきました。今後求人ニーズの高まりにも注目です。 この記事を読んでいただき、「実際の求人情報が見てみたい」と感じましたら、「Forkwell Jobs」に Elixir 求人が掲載されていますので、ぜひご確認ください。

また、現状のあなたの エンジニアとしての市場評価を把握するのに役立つツール「Forkwell Scout」もご紹介します。 転職を考えていなくても、実際の企業からスカウトを受けることで、市場からの評価をしっかりと把握することができます。社内評価だけでなく、あなた自身のエンジニアとしての立ち位置を再確認してみてはいかがでしょうか。 今後 Elixir での開発経験を積みたいとお考えの方は、プロフィールに記載いただくと、新たなキャリア発見のきっかけになるかもしれません。

あなたにとって最も最適なキャリアアップ先を選定する際に、Forkwell のサービスが少しでもお役に立つのであれば幸いです。

<サービス・リンク>

Forkwell Jobs サービスはこちら

Forkwell Scout サービスはこちら