Forkwell Press

エンジニアの生き様をウォッチするメディア

「守り」の中でも、「攻め」の姿勢は貫きたい。篠原佑介(株式会社ベガコーポレーション)

f:id:grooves:20181015163402j:plain:w250

ベガコーポレーションの「守り」担当です。

――篠原さんは情報システム部分析グループ・グループ長とのことですが、どういったお仕事をされていますか?

篠原 仕事に攻めと守りがあるとすれば、私は守りの担当です。現状分析が中心の仕事になります。具体的には、店舗の運営と話しあって「この部署の最適化ができないか」とか、倉庫の保管状況や配送の問題の解決にあたる仕事です。あとは社内でBAツールを開発していまして、そちらの開発をする仕事になります。

――貴社は家具を取り扱っておられますが、家具の保管にはどういうところに気を使うものなのでしょうか?

篠原 他の商材とあまり変わらないかもしれないですが、滞留をしないよう販売がちゃんとされているか、品切れにならないかなどですね。

――発送がきちんとできているかという他に、湿度の管理なども行なったりされるんですか?

篠原 その辺は全然やってないです。しかし、やった方が良いですね。IoTを使って導入したいですね。現場と調整が必要かもしれないですけど、せっかくアイディアをいただいたので。

――恐縮です(汗)。現在のお仕事におけるやりがいと難しさ、両方教えてください。

篠原 「守り」の方だと、例えばコストを削減できたとか、社内で新しいことに挑戦ができた、結果のフィードバックが早いんですね。そこがやりがいの1つかもしれないです。

――成果がすぐに数字に表れるお仕事なんですね。難しさという面ではどういうところがありますか?

篠原 店舗の仕事なので、現場のことを知っておかないといけないのが難しいところですね。最近では、配送会社によって配送料の計算が違うとか。僕らからすると「どんどん発送すれば良いじゃないか」と思うんですけど、知らないこともたくさんあるので。

――スタックすれば、配送を約束した日に届かないことが起こってしまったり。

篠原 その通りです。お恥ずかしいですが、最近まで可視化できてないことが多かったんですね。それらを1つ1つ可視化したり、分析してレポートにして店舗の人たちとやりとりしたり、ということが仕事になっています。

――店舗の方や配送会社の方は必ずしもリテラシーが一定ではなく、人によっては多くの説明を必要とする人もいらっしゃるのでは。

篠原 その通りですね、逆にこちらがもっと説明してほしいのに、後から(資料が)出てくるというケースもあります。頻繁にSlackなどでやりとりすることが重要ですね。ドキュメントにしても、そこに書かれていなかったらアウトなので。できるだけ多くの情報を早く知りたいので、Slackでやりとりしています。

――コミュニケーションはほぼSlackなんですか?

篠原 Slackが1番多いかもしれないですね。文面では難しい場合は、直接会いに行きます。

f:id:grooves:20181015163457j:plain

SESを通じ、いろいろな業種を経験しました

――ご出身は九州大学物質工学科とのことですが、高校は工業高校に通っていらっしゃったんですか?

篠原 高専出身なんです。そのまま大学に編入する形でした。専攻は有機化学で、高専の時はポリイミドの研究をしていました。今は液晶によく使われている材料なんですね。ポリイミドは、溶媒に溶けにくいという性質があります。それを、なんとか溶媒に溶けるようにしようという研究をしていました。 

――がっつり化学なんですね。今のお仕事で生かされている部分はありますか?

篠原 ほぼないですね。あるとすれば理系寄りで、研究では統計などを使わざるを得なかったのですが、統計などが今の仕事に役立っていることぐらいでしょうか。

――大学院では、どのような研究をされていたんですか?

篠原 細胞を培養するための、材料の研究ですね。幹細胞というものがありまして、どんな細胞にも変化するものです。しかし、どんなものにもなってもらったら困るので、「目的の細胞に分化するため」の材料を作る研究をしていました。

ある幹細胞の一種は、材料の硬さだけで分化する方向が決まるんですね。その「決まる」というのがわかってきたので、硬さを利用して分化を制御しようというのが僕が研究していたところです。シャーレの上に材料を敷いてその上に細胞をまき、細胞分裂の過程で神経や骨などに分化させる制御をやっていました。硬さをうまく調整し、目的の細胞にしてみようという研究ですね。

――そんなことができる世の中になってるんですね。

篠原 最近は追ってないので研究成果を聞いてないですが、今うまくやろうとしてるところじゃないかなと思います。

――その後、2010年に開発会社さんに入社されたんですね。どういったお仕事をされたんですか?

篠原 前職はSESに近いところがあって、ある会社に常駐して開発をやってました。業種としては金融、交通系、電力系とかいろいろでした。SES系の良し悪しではありますが、いろいろな業種を経験できたのは良かったと思います。交通系では、イギリスの会社と仕事をしていました。開発自体は福岡でやっていたのですが。

――文化はかなり違ったのでは?

篠原 違いましたね。単純に、英語が難しかったことも大きいです。日付もイギリス式で書けと言われ、そこを指摘されたりということもありました。

――業種が違うとやっている仕事も全く違うと思いますが、どういう違いがありましたか?

篠原 金融系はガチガチというか、「今まで実績があるものを使う」という感じでした。当時はJava6だったんですけど、1.4とかで開発をしていましたし。逆に、電力系は実績を重視しながらも「ある程度新しいものを作っていこう」という感じでしたね。

――インフラ系であっても、柔軟なところはあるんですね。

篠原 金融に比べたら、電力の方が柔軟だったかもしれませんね。

f:id:grooves:20181015163603j:plain

とにかく、次に繋がることをやる。

――その会社に7年勤められた後、ベガコーポレーションさんに2017年入社されました。ちょうど娘さんが生まれた年ですが、やはり何か関係はありましたか?

篠原 ありましたね。残業が多かったこともありますし、子育てに向けてお金がもう少し必要になったこともありますし。まずは福岡の会社を探し、年収は最低でも前の会社と同じレベル。あとは、開発系の業務内容ですね。

転職活動は、長めのスパンで緩くやっていました。半年ほど、「CodeIQ」をやって企業からオファーを待っていまして、そこでたまたまベガコーポレーションに見つけてもらって。その経緯で入社することになりました。

――ベガコーポレーションさんに入社を決めた理由はどこにありましたか?

篠原 まず福岡の会社であり、年収も保証してもらえ、かつ会社の雰囲気も良かったことですね。宮末とも面接しましたが、「新しい技術もどんどん取り入れていくよ」と。そのあたりの雰囲気に惹かれて入社を決めました。

――今は、1日をどういうサイクルで送られているんですか?

篠原 決まったサイクルはないですね。自社で開発や分析をしつつミーティングをしたり。僕の部署ではリモートワークは取り入れていないですが、部全体でフレックスタイム制なので出社時間は自由です。分析グループは、割と早めに来る人が多いですね。

――業務を行なう上で大事にしているモットーや好きな言葉があれば教えてください。

篠原 とにかく、次に繋がることをやろうと思っています。「とりあえず今なんとかすればいい」じゃなくて、「今の開発サイトではなんとかなるけど、次は新しい技術も入れてみよう」とか。サーバー構築でも、単純にスケールアップするだけだと頭打ちになるので、次は分散化するとか。

今すぐに役に立たなくても、新しいものを積極的に取り入れること。メンバーにも新しい技術を調査してもらったり、メンバーたちも自主的に調査したりしていますね。

――「守りのお仕事」とおっしゃってましたが、実際はかなり攻めの姿勢で改善を行なわれているんですね。

篠原 そうですね。守りというか、表に出ている方か社内でやる方なのかという感じなので(笑)。守りの中でも、攻めの姿勢は貫きたいと思っています。

――自身の成長のために日々行なっていることはありますか?

篠原 コードはほぼ毎日書いていますね。それにあたっても、新しい言語をやっていくことを考えています。昨日はchibi-developerの方で発表したんですけど6つの言語(ElixirやJuliaなど)のベンチマークテストをやりました。

――入社から1年半ほど経ちましたが、新しい技術を習得されたりしましたか?

篠原 そうですね、Elixirをやったのは大きかったですね。fukuoka.exの森さんも言ってると思いますけど、あれは楽しいですね。あとは、Juliaという言語ですね。先ほどのベンチマークテストでは、Juliaも使いました。

とにかく早いということがうたわれてますね。分析とかデータサイエンティストではPythonが使われているんですけど、Juliaに置き換えていこうという動きがあるようです。Pythonって、実は遅いんですよね。今は機械学習で注目されていますけど、それをJuliaで高速化しようというのがありますね。

勉強って、自分のためだけにするものじゃないと思うんです

――ここからは、篠原さんが働く上で大切にしていることについて、「事業内容」「仲間」「会社愛」「お金」「専門性向上」「働き方自由度」の6つの項目から合計20点になるよう、点数を振り分けていただきます。

f:id:grooves:20181015164038p:plain

・専門性向上 4

勉強にも繋がっているんですけど、開発だったり分析技術を伸ばすことを重視しているので4にしています。

・仲間 4

勉強って、自分のためだけにするものじゃないと思うんです。できれば辞めて欲しくないんですけど、仲間には転職や独立する時に役立つ技術を身につけてほしいと考えています。勉強したことは教えるし、こちらが教えてもらうこともあります。そういう人たちと開発していきたいと思っています。

・お金 4

もちろん、ないと生きていけないので。娘が生まれ、前職の給料じゃ足りなくなったこともあり。「子供ができたら、こんなにお金が飛んでいくんだ」と思って。子どもにもプログラミングは教えたいなと思ってます。

・事業内容 2

事業内容には、そんなにこだわりはないです。いろんな業種を渡り歩いたこともあるので。そういう意味で2ですね。

・働き方自由度 4

残業で遅く帰って、子どもに会えないのは辛いですから。前職の時は、始発で出社して終電で帰るというケースがありました。今は、子どもが起きている時間に帰ることができています。それは大きいですね。ご飯担当も僕になっています、皆の夜ご飯を作ってますよ。

・会社愛 2

そこまでないというのが本音ですね。ベガコーポレーションに不満があるとかそういうわけではなく、店舗を見る人たちともうまくやってますし、開発の自由度が高いですから。ただ、会社に縛られる人生ではないということですね。

――最後に、転職を志す人に向けてメッセージをいただけますでしょうか?

篠原 転職をする際には、その会社の中の人の話を聞いてみるというのが妥当だなと思いました。僕も、宮末の話を聞いて「この会社、良いな」と思った経緯があるので。

それと、経歴にとりあえずなんでも書いてみるのはアリかもしれないですね。僕は分析グループに入ったのは、イギリスでの仕事がデータ分析系だったんです。それをたまたま今の部長が見つけて、「彼には、この部署が良いんじゃないか」といってもらって分析グループに入ることになったので。

<了>

ライター:澤山大輔


Forkwell Portfolioは、エンジニア向けのポートフォリオサービスです。 Gitリポジトリを解析して、あなたのアウトプットをグラフィカルに可視化します。

Forkwell Portfolioのご登録はこちら!

20180925152538