Forkwell Press

エンジニアの生き様をウォッチするメディア

やらない理由を解決できればやったほうがいい。清家史郎(株式会社Fusic)~Forkwellエンジニア成分研究所

f:id:grooves:20181031101627j:plain

最初はWEBエンジニアとゲームエンジニアの区別もついていませんでした(苦笑)

――現在の業務内容をお伺いできますでしょうか。

清家 主に受託開発を担当しています。お客様が持っている課題を聞いて、適切な技術を選定しながら開発を行い、課題を解決する仕事です。最近はコンサルティングもやっていて、モノを作るだけでなく技術の知識を提供してお客様の課題を解決しています。

――清家さんはサーバーサイドエンジニアと伺っていますが、実際は案件を取って来るところから開発まですべて携わっているのですか?

清家 そうですね。僕自身が得意としているのはサーバーサイドのプログラミングなんですけど、Fusic自体がフルスタックエンジニアという、企画・開発から、リリース後の運用・修正まで全部1人でやりきるところを最低限の目標に置いているので、僕もそれを目指してやってました。

――琉球大学を卒業されたとのことですが、大学ではどのようなことを勉強されていらっしゃったんでしょうか?

清家 工学部の電気電子工学科にいたんですけど、ほとんど勉強しない大学生でした。単位はぎりぎりのところをずっと狙って、ひたすら「可」を取って卒業しました。大学で思い出すのは、フットサルとお酒ぐらいです。

もともとは情報系に行きたかったんですよ。センター試験がいい結果だったので油断していたら、二次試験がびっくりするぐらいできなくて。結局、他の大学は落ちて琉球大学に行きました。しかも適当に学部を選んでしまったので、情報系じゃないところになったんです。それで、大学ではあまりやる気がなかったんですね。

――最初に入社した会社ではどのようなことをやっていたんですか?

清家 最初の会社では、受託開発をやっていました。ゲーム会社に入りたかったのですがグータラしていたので、就活を始めたのが4年生の夏休みだったんです。友達に「お前、本当にやばいぞ」と言われて(苦笑)。ゲーム会社の募集もほとんど終わっていたし、「まずは情報系に入ってプログラミングをできるようになろう、そこからゲーム会社へ転職しよう」と考えました。でも、1社目でWEBプログラミングの方に興味を持って、今に至るという感じですね。

――結果的に、良い会社を選ばれたのでは?

清家 そうですね、最初はWEBエンジニアとゲームエンジニアの違いもわかっていないレベルだったので、「とりあえずプログラミング書けるようになれれば」ぐらいの感じだったんです。でも勢いだけはあったので、声を上げて会社のインフラを管理し始めたり、WEBエンジニアとしての仕事をしている中でプログラミングにのめり込んでいったんですね。

f:id:grooves:20181031101729j:plain

入社しても改めてFusicはすごいなって

――そこから、2社目の会社を経てFusicさんに入社されたんですね。

清家 高校時代から付き合っている彼女と結婚することになったのですが、全く貯金してなくて。一方、妻は凄く貯金していたので焦りました。そのため、給与をあげようと思って、2社目に行きました。その会社が技術力の高いところで、影響を受けて「もっと技術を上げないと」と思い、外の勉強会のコミュニティにたくさん参加するようになったんですよ。

Fusicを知ったのはそういう勉強会でした。いろいろな技術発表をしていて、「すごい会社だな」と思って。そういう話を周囲にすると、周りから「受けてみればいいじゃん」と言われたので受けてみた感じですね。

――Fusicさんは、どんな発表をされていたんですか?

清家 PHPという技術が主だったんですが、それ以外にもAWSだったり、infrastructure as codeだったり、僕が知らない技術のことも話していました。

――清家さんが入社されたのはいつ頃だったんですか?

清家 僕は2年前の6月ですね。Fusicに居て感じるのが、外には出なくても中で活躍しているエンジニアさんがたくさんいることですね。「やっぱりFusicってすごいな」と自分の会社ながら思います。

――社内で活躍されているエンジニアさんはどういう方ですか?

清家 僕がすごいなと思っているのは、年下の子を含む1つの技術に尖っている技術者達ですね。プログラムの実装が尖っていたり、インフラの技術に関してもすごく知っていたり。あとは単純に高位のmrubyのコントリビューターがいたり。ある分野に尖っているエンジニアがいっぱいいます。

僕が元々憧れていたフルスタックエンジニアもたくさんいて、長年勤めている人たちはそういう技術領域の広さを持ってるんですね。大抵のことは解決できるみたいな。年齢層によって技術の領域が分かれていますね。

「やらず後悔より、やって後悔」

――業務を行う上で大事にしているモットーや、好きな言葉があれば教えてください。

清家 「Fusic20の信条」というものがあるんですけど、その1つに「やらず後悔より、やって後悔」というのがあります。やらない理由って、簡単に挙げられるんです。だけど、やらない理由を解決できればやったほうがいい場合が往々にしてあると思っていて。僕は、「やりながらその課題を解決出来ないかを考えること」をすごく大切にしています。

――例えば、迷ったけれどもやってみてよかった例ってどんなことがありますか?

清家 「Serverless Architecture」というのがあるんですが、案件に導入するのかすごく迷ってたんです。導入しないほうが、お客さんに間違いのないものを提供できる。一方でServerless Architectureを取り入れることで、お客さんに大きなメリットが提供できる。やらない理由を考えたとき「僕が実装できるのか」という不安だけだったので、やることを決断しました。

――普通の会社だったら「間違いのない方法でやってほしい」という判断をされることもあるのでしょうが、Fusicさんではそのあたりをエンジニアさんの裁量に任せてくれるんですね。

清家 そうですね、基本的には任されます。仮にその案件が炎上してしまっても、そうなったらエンジニアがガッと集まって解決する。集まって解決できる能力があるというのは、バックグラウンドとして安心できる部分があります。

Fusicの毛利が「PHPカンファレンス福岡2018」で話した生きた集合知という文化があるのですが、みんながそれぞれ学んだ技術を溜める場所を用意しているんですね。社内共有ツールがあって、そこに情報を溜めることで大抵のことは調べられる。挑戦しやすい環境が整っていると思いますね。

――掛け声だけでなく、周りから具体的なサポートも得られ、勉強しようと思ったら共有ツールもあるんですね。特に、若いエンジニアさんにとって理想的な環境ですね。

清家 新しいことをやるほど、「学んでいる」という評価を得られる会社ですね。僕は10年間くらいPHPのエンジニアなんですけど、GOを実戦投入したり、新しい言語を覚えようと思ってElixirを勉強し始めています。いろいろな言語を学び、それぞれの良いところや違いをちゃんと吸収できるようになって、より適切な技術を選べるようになりたいなと思ってます。

f:id:grooves:20181031132431j:plain

アウトプットを徹底すれば、良質のインプットを得る

――ご自身の成長のために日々行なっていることはありますか?

清家 アウトプットを徹底することですね。いろいろなコミュニティで「これは話せるな」というイベントがあったら、登壇者として申し込む。そこで話すことを目標に、強制的に自分のインプットを増やすことをやっています。

もちろん何もわからないものは話せませんが、僕が知りたいと思ってるけど現状ちょっと曖昧だな、もっと幅を広げたいなという技術については積極的に申し込んで、強制的に勉強する。それを繰り返しています。最近はそれが実ってきているみたいで、実案件で新しい技術を導入できたり、いろんな人が話しかけてくれるようになったり、フィードバックをいただけるようになりました。

――やはりアウトプットが先に立たないと、良質なインプットにはならないものですか?

清家 そうですね。人前で話すとなると、いい加減なことは言えないのですごく調べるんです。調べている中でその技術を試していくと、話すつもりではなかったことも知ることになって、「こっちの方が話は面白いだろうな、みんな喜ぶかもしれないな」と連鎖していくんですよね。結果、アウトプットの質はもちろん、インプットとしても良質になると思います。

――人前でアウトプットするって大事ですね。

清家 そうですね。お客様のところに行ったときに「あ、この技術で解決できるな」みたいなことが次々見つかって、仕事の幅も広がっていくんです。エンジニアとしてのフィードバックだけでなく、お客様に対する価値提供も広がっているなと。一応、家庭も持っているのでそちらも大事にしつつ、寝る間を惜しんで勉強しようという気持ちでやってます。

会社は、僕たちを大切にしてくれています。

――ここからは、清家さんが働く上で大切にしていることについて、「事業内容」「仲間」「会社愛」「お金」「専門性向上」「働き方自由度」の6つの項目から合計20点になるよう、点数を振り分けていただきます。

f:id:grooves:20181031101959p:plain

・ 専門性向上 5

僕たちエンジニアは、技術力をベースにお金をいただいてるものだと思うので。自分の技術力を上げることは常に意識しています。

・事業内容 1

僕、ここは全く興味なくて。自分の技術を使って「何か」を解決したいんですね。ダメなところだと思うんですが、僕のやりたいことって「目の前の課題を解決したい」だけで、会社がどうあるべきかということにあまり興味を持てていないです。

・ 仲間 2

2にするか3にするか迷ったんですけど、まずは個人が大事だなって。みんなで何かを解決するのはもちろん大事なんですけど、大前提として自分がちゃんとできるようにならないといけない。一緒に働く人というより、自分がどうやって解決するのかに興味を持っています。

・お金 4

社会人なのでお金を稼がないといけないと思いますし、家族がいるので大切なものですね。周りからすると「お前本当にお金に興味あるのかよ」って言われそうなんですけど、家族にお金を渡したいという気持ちはすごくあるんですよ。最近二人目の子供が産まれて、子供たちを養わなきゃという思いがありますので。

・働き方自由度 5

これは重視しています。興味のあることをやりたいとか、働きやすいところで働きたいみたいなところって、技術力をどう磨くのかと密接に関わっていると思うんです。例えば「絶対この言語しか使っちゃダメ」だと言われたら成長の機会がなくなってしまうなと。Fusicでは自分で働き方を選択できるし、子どもが熱を出したら家で働いてもいい。すごく助かります。

・会社愛 3

Fusicという会社には魅力を感じています。今までの会社が悪かったわけではないんですけど、会社を形成している人がすごく良いなと思っていて。特に役員、マネージャー陣はすごく僕たちを大切にしてくれていますね。その人たちに魅力を感じているから3にしています。会社に全てをコミットするみたいなつもりはないんですけど、Fusicは好きです。普通の会社だったら1で良いなと思います。

――最後に、転職を志す方々にメッセージをいただけますでしょうか。

まずFusicに興味がある方は、声をかけてくれると嬉しいです。その上で、一般的な転職に対して思うことは、自分の意志を持ってほしいということですね。自分で考えて自分で決める、というところの重要性ってすごく高いです。その会社に居ていいのか次に行こうか迷っている方も、「本当にそれで良いのか」を自分で判断できるといいなと思います。

最後に、感謝しているコミュニティについてお話させてください。福岡にはコミュニティが幾つもあって、特にfukuoka.php、fukuoka.go、fukuoka.exといった言語系のコミュニティで勉強するための機会を提供している人たちに対してすごく感謝しています。この3つのコミュニティのおかげで、今の僕があるなと思っています。

特にfukuoka.phpというコミュニティは僕の人生を変えたコミュニティなので一番推したいです。そこの主催者の人と話してから、いろんなところでアウトプットするようになりました。すごく感謝しています。

<了>

ライター:澤山大輔


Forkwell Portfolioは、エンジニア向けのポートフォリオサービスです。 Gitリポジトリを解析して、あなたのアウトプットをグラフィカルに可視化します。

Forkwell Portfolioのご登録はこちら!

20180925152538