Forkwell Press

エンジニアの生き様をウォッチするメディア

「自分らしいとはなんだろう」と常に考えています。岩野正史(ネオゼスト)~Forkwellエンジニア成分研究所

f:id:paxigirl:20181228162511j:plain

当時は、テストエンジニアの経験があれば転職し放題だったんです

――まずは、岩野さんの業務内容について伺えますでしょうか?

岩野 現在は個人事業主で、講師業をやっています。以前デジタルハリウッド福岡校で講師を勤めていたのですが、同僚の先生が講師の傍ら事業をやっていらして、一緒に仕事をしたりしています。

――岩野さんの企業サイトを拝見していますが、業務は多岐にわたっておられますね。

岩野 事業の柱は3つあり、デザイン・教育・データ分析になります。「データ分析とデザイン」「データ分析とプログラミング」など重複する部分もあるので、それも含めてお仕事をいただくことも多いです。

――エンジニアリングに興味を持たれたのは、いつ頃ですか?

岩野 元々情報系の大学に行っておりまして、コンピュータのアルゴリズムやCPUの仕組みを学び、テスティングエンジニアをやっていました。ガラケーのテストなどをやっていたんですが、ある時コンテンツを作る側に回りたくなって。そこからデザイナーに転職した経緯があります。

自分でプログラミングやエンジニアリングをガッツリやったりはしないんですけど、エンジニアさんと連携する事が多いですね。そういう経緯があり、インタビューで登場した森正和さんや北九州大の山崎進先生などと仲良くなりまして、デザインまで含めた一体の仕事をやろうみたいな話はよくありますね。

森さんが力を入れているfukuoka.exのポータルデザインをやらせていただいたり、森さんが作っているデータサイエンスプラットフォーム「Esuna」という分析サービスのUX/ビジュアル/ロゴのデザインで関わっています。

――ありがとうございます。フリーランスになられるまでの経緯を教えていただけますでしょうか?

岩野 もともとは関東で働いていたんです。当時はガラケーブームといいますか、ちょうどiモードが始まったばかり。作っては売れる時代だったので、テストエンジニアの経験があれば転職し放題な時期だったんですよ。それで2年おきくらいに、派遣会社経由で大手の会社に転職していたんです。

最終的にはNOKIAという会社で働いていたんですけど、その後ガラケーブームが終えんしまして。そのタイミングで「コンテンツを作る側に回りたいな」と考え、music.jpを運営しているエムティーアイという会社に転職し、コンテンツ企画を学びました。

その後、九州出身で親が熊本在住なこともあり熊本に帰りまして、WEBデザインの仕事を2年ほど。独立した2010年のタイミングで結婚し、奥さんが福岡で働いていたので軽い気持ちで福岡についていき、フリーランスを始めました。

当時はコネも知り合いもなかったので、最初は苦労しましたね。今年でフリーは8年目なんですけど、最初の3年ぐらいはアルバイトや非常勤をやりながら、学校に通いつつ仕事をしている状況でした。

――それだけの実績があるわけですから、どこかの企業に入るという選択肢はなかったんですか?

岩野 入りたかったんですけど、独立したときはWEBデザインをメインに据えようと思っていたので、「WEBデザインは1人でできるな」と勝手に確信してまして。3、4年やってダメだったら就職活動しよう、と思っていたら何とかなり、今に至るという状況です。

今でも、いい会社があったら入りたいとは思っています。現状も「Bluebook」というサービスのデザインをやっており、運営会社さんから入って欲しいという声がかかることはありますね。

「Bluebook」のコンセプトは「移動をデザインする」です。人が移動するときって、誰かに会いに行くときだと思います。なので、会いに行きたくなるような面白い人を紹介するサービスを作ったらどうか、ということで開発しています。

f:id:paxigirl:20181228162536j:plain

「設定したゴールは、本当のゴールなのか」

――教育とデータ分析に関しては、どんなことをやられているんですか?

岩野 教育に関してはカウンセリングが主でして、山崎ゼミの顧問デザイナーをやっている関係もあり学生からの人生相談が結構あります。自分はデザイナーなので「当面のコンセプトを決めましょう」と話して、コンセプトに基づいた判断をしていく指導をやっています。

たとえば、大学卒業半年前ぐらいに「デザイナーになりたい」と言い出した子がいるんですね。でも、半年ですべてを教えるのは難しい。就職活動もどうすれば良いかわからない、というのがあったので、「どういうデザイナーになりたいかコンセプトを立てましょう」と。

話し合った結果、その子は自分を「やさしいデザイナー」と言い始めたんです。そうすると名刺を作った時に学校・学部・学籍番号・名前みたいな名刺を作るよりインパクトがあって、就職活動でも「やさしいデザイナー」って何ですか? って聞かれるんですよね。

それに合わせて、その子が大事にしていることや人生経験を話せるようになり採用担当の方にも共感してもらえるようになりました。学生さんは正解を選ぼうとするんですけど、就職活動に正解はない。就職してみないとわからないし、就職してからの行動が大事だったりします。そういう時にコンセプトに照らし合わせて、「どちらに行ったほうがより自分らしいのか」を考えると意外と決まったりするんですよね。

――コンセプトとは、要するに「長所に対してコピーを与える」というイメージなんでしょうか?

岩野 そうですね。長所とか、その人が大事にしていること。「将来こういう課題を解決したい」とか「普段からこういうところを大事にしている」とか。

データ分析に関してはエンジニアの皆さんがやっているのとはちょっと違いまして、例えばECサイトを分析した時は「購入」が一つのゴールだと思うんですけど、僕はゴールに至る経緯を見るだけでなく、「ゴールしているけども傾向と違う」みたいな部分を見るんです。

取り逃がしているお客さんがいないか、もっとお客さんを囲い込める可能性がないか。揺らいでいるデータを分析して、ある程度確証に変えていく作業をします。一般で行なわれている「プログラミングで傾向を出して、法則を見つける」というのはちょっと違った感じですね。

――揺らぎを見るんですね。

岩野 一時期ある予備校の経営企画をやったことがあるんですけど、例えばホームページの分析をした時に、ゴールは「資料問い合わせ」とかですよね。どういう経緯を経て問い合わせに来るのが多いかというと、各校舎のページからが大半です。王道の施策は「各校舎のページを充実させて、こんなに充実していますとアピールすること」です。

けど、詳しく分析すると、ゴールした後にさらにホームページ全体を舐めるように見ている人が一定数いることに気づきました。それで仮説を立てました、「これは親御さんじゃないか?」と。問い合わせはしたけども、娘・息子が心配だから、理念・どういう先生がいるか・カリキュラムはどうか、舐めるように見回している。

そこで、説明会の回数を増やしました。学校に興味がありそうな親御さんは、すぐに校舎見学に案内する。当日では難しい人は、予約をとってもらう。「校舎見学まで誘導できたら、成約率が8割超える」というデータが出てきたので、この施策を繰り返せば売り上げを伸ばせる……こういったデータ分析をします。

同様のジャンルには、同じような施策が適用できます。「設定したゴールは、本当のゴールなのか」も含めて見ていますね。

f:id:paxigirl:20181228162555j:plain

「自分らしくあること」と「Thank you. But I'll be OK.」

――業務を行なう上で大事にしているモットーや好きな言葉があれば教えてください

岩野 「自分がやっていることを好きになる」が大事かなと思ってます。自分はフリーランスですけど、ほぼチームで仕事をしています。なので、仲間を大事にするのは普段からすごく気をつけています。

たとえばプログラマーの人って「ゲームを作りたい」とか「こういうプログラミングをしたい」というのが動機にあると思うんですけど、僕の場合は仕事をやるための動機は突き詰めると「周りの人に喜んでもらいたい」にあるということに気づきまして。仕事自体は何でもいいので、自分が仕事をやった結果として周囲に喜んでもらいたい。

ただし、結果にはすごくこだわっています。プロセスも重視するのですが、例えば開発に携わったらすごく売れるようにしたいですし、サービスに携わったらグロースさせることを意識しています。

――ご自身のサイトで「自分らしくあること」と「Thank you. But I’ll be OK.」という言葉がありますね。

岩野 やはりフリーランスでやっていると、自分自身で判断することがすごく多くて。どれを選んでも正解だったり失敗だったり、回答がわからないものを選ぶ場面に出くわします。そういう時に後悔しないためには「これを選ぶのが自分らしい」という基準で選ぶことが大事です。「自分らしいとはなんだろう」と常に考えています。

「Thank you but I’ll be ok.」。これは「深夜特急」という小説がありまして、酒の席で「香港からロンドンまでバスで行くぜ」と言って本当に行っちゃう話なんですけど、そこで出てくる台詞です。「困った時は自分に頼る」という意味合いで使ってます。

――岩野さんがご自身で思う自分らしさは、どんなことですか?

岩野 あまり派閥によらないところですね。空気を読まないので、ものづくりには向いていると思います。開発してる人が空気を読んで開発したら、良いものができないと思うんですよね。

――そういう性格って昔からずっとそうなんですか?

岩野 そうですね。中学校ぐらいのとき、学校が荒れていた時代でクラスの中でもイジメがあったんですけど、そういう情報を一切感知しないのでイジメる側ともイジメられる側とも普通にコミュニケーションを取っていました。結果として、クラスからイジメがなくなったということもありましたね。

会社でも、天才肌で嫌味な感じに見えたりする人がいたりしますよね。「どうしてわからないの」と言ったりして。でも、そういう人は本当にそう思うから言ってるだけで、実は全然悪気はなかったりします。そういう人のサポートについて、今まで孤立していたのに気づいたら人気者になっていたとか。そういうこともありました。

――逆に性格で損した部分って何かありますか?

岩野 全く空気を読まずに突っ込んでいくので、何かしらの問題に巻き込まれがちというのはあります。組織に属しているときは組織の問題だけ対応すればよかったのですが、フリーランスになってからは問題の種はいろいろあって、会社員時代以上に巻き込まれがちなんですね。フリーランスになれば自由になれるかなと思ったら逆だった、ということはあります。それも含めて自分らしいな、と思って今は受け入れています。

結果を出せずクビを切られる人を出したくない

――ここからは、岩野さんが働く上で大切にしていることについて、「事業内容」「仲間」「会社愛」「お金」「専門性向上」「働き方自由度」の6つの項目から合計20点になるよう、点数を振り分けていただきます。

f:id:paxigirl:20181228162623p:plain

・専門性向上 3

デザインに関しては8年やっているのでだいぶ詳しくなったんですけど、各分野の専門性は薄いんです。その分いろいろなことを経験しているので、横展開できたり組み合わせて使える強みがあります。専門性自体は高めていきたいのですが、そこまで重視はしていないですね。

・仲間 5

自分がやっていることで喜んでくれる仲間が一番大事ですし、チームで働くことが多いので仲間を大事にしないとプロジェクト自体もうまくいかないです。

・お金 4

結果にこだわるという意味で4にしています。僕が社会人になった頃は、バブル最後期でした。それから2,3年でバブルが終わって、リストラブームになりました。結果を出せずクビを切られる人たちを見てきたので、なるべくそういう人を同じ会社の中で出したくないと思っています。

・事業内容 2

「これじゃないと」というこだわりはありません。実は、コールセンターのリーダー経験もあるんです。今のパーソナリティを作る上で、コールセンターでの経験はかなり役に立っています。昔はしゃべれないことがコンプレックスだったんですが、いざ仕事でやると意外と喋れたり。そういう経緯もあって、こだわりはないんです。

・働き方自由度 3

今は子どもがいるのでなるべく早い時間に帰りたいんですけど、好きな仕事をグロースさせるためにはある程度自由がきかない部分は出てくるので。そういう意味で3にしました。一番働いてた時って月200時間ぐらい残業してたんですけど、その時はやってて楽しかったので、特に鬱にもならず楽しんで過ごしました。なので3ぐらいで良いかなと。

・会社愛 3

会社はその都度好きになっているんですけど、振り返ってみると2年ぐらいで転職しているので3にしました。所属している時は社員であることを誇りに思っているんですけど、熱しやすく冷めやすいところがあって。転職するときはあっさりしたりするので、客観的にみると3くらいかなと思います。

――キャリアに迷っているエンジニアにメッセージをお願いします。

岩野 いろいろ相談も受けるんですが、その時にどういうコンセプトで人生を送りたいかというのをまず考えてほしいですね。「コンセプトに沿った選択をすると、意外と良い人生が送れるかもしれないですよ」というのをアドバイスとして送りたいです。

――とはいえ、コンセプトを見つけるのって難しいですよね。1人で見つけられるものなのでしょうか?

岩野 誰にでも、大事にしていることってあるじゃないですか。そこから発想していくと、意外と苦労しないですよ。製品作ったり、デザインする方のコンセプトを探すことの方が苦労します。さっき挙げた「やさしいデザイナー」もそうですが、一見関係ないように見えて本人の中では繋がっている、というものがコンセプトです。

<了>

ライター:澤山大輔


Forkwell Portfolioは、エンジニア向けのポートフォリオサービスです。 Gitリポジトリを解析して、あなたのアウトプットをグラフィカルに可視化します。

Forkwell Portfolioのご登録はこちら!

20180925152538